憧れのアパレルに転職するにはどうしたらいい?

アパレル業界への転職は女性であれば誰でも一度は憧れる仕事の一つと言えますが、初めから正社員登用される事は少なく、ファッションの仕事のはずでは?と販売等ではなく、事務系、在庫管理系等からのスタートとなる場合もありますので注意が必要です。
また、ポジションによって給与も変わる事もあり、販売職であればインセンティブ(歩合)が発生する給与体系となっております。
アパレルブランドだからと必ずしもファッション関係のポジションにつける訳ではありませんので注意が必要です。

求人については基本的に将来的に正社員登用もありますという内容で、女性専門転職サイトに等に掲載されることが多く、非正規雇用からのスタートが殆どです。
また、アパレルブランド自体が募集している事は少なく、アパレルブランドのお店へ派遣されるといった派遣社員という場合が多く存在します。
キャリア枠の求人であれば正社員募集もありますが、市場規模は少ないです。
アパレル業界未経験でのいきなり正社員というのは正直難しいと思った方が良いでしょう。経験が問われる業界である事は間違いありません。

ただ、販売員であれば、他の業界で営業や販売等を行ってたのであれば経験しているとみなされる事もあります。
バイヤー経験も同様に、別の業界でバイヤーの仕事をしていたというのは強みになります。
人気のあるアパレルブランド(外国ブランド)等であると、語学力も試される事もあります。

学歴というより、経験値等が重視されますし、立ち振る舞いなども面接では注視されます。
ファッションの知識は後で身につきますが、基本的には接客業ですので、接客マナー等を身につける事も必要です。
他業種で接客マナーを身に着けているのであれば十分応用可能ですので自信をもって良いでしょう。
考え方にもよりますが、初めから正社員採用という事は考えず、販売員などのアルバイト含む非正規雇用からのスタートが近道と言えます。

受かる志望動機の書き方は?

御社の服が好きだということを前面にアピールするのは明らさまなので不採用となる可能性が高いので注意しましょう。
自身が行ってきた仕事内容(他業界で営業や販売を行っていた場合は強めに)をアピールしつつ、応募企業云々ではなく、ファッションに対する考え方や、自分がアパレルの世界で何を行いたいのか?等を明確に伝える必要があります。
応募企業の経営方針や歴史等も確かに大切ですが、採用側から見ると、露骨にコピペしたのだろう?と相手にしてもらえない可能性が非常に高いです。
将来性等も書く必要はありません。
理由はマニュアル過ぎて逆効果だからです。
自身のイメージが悪くなるだけです。
応募企業の歴史などはwikiに掲載されていますのでわざわざ書くのは如何にもと思われます。
自分をアピールするような志望動機を書くことをお勧めします。
販売職であれば基本人相手です、人柄が問われます。
事務系であれば周囲との一体化が可能なのか?在庫管理であれば、効率的な在庫管理方法等を考える人なのか?等問われます。
その為、自分自身をアピールして自分という人間を応募企業に買ってもらうという考え方で臨むとよいでしょう。
考え方によりますが、販売職は特にリピーターの大半が、同じ販売担当者を名指しして購入しようとします。
それは、顧客は服の値段云々ではなく、販売担当者が自分に合う服を選んでくれた結果、周囲から高評価をもらったという理由から、この人なら色々わかってくれているという思いからまた選んで欲しいと足を運ぶわけです。
つまり、服を売った訳ですが、顧客はその販売員のセンスを買った訳です。
センスはすぐに身につくものではありません。
ですが、顧客と一緒になって真剣に選ぶ姿には心が動かされます。
それはマニュアル人間では務まりません、自分自身の人間性によります。
その為、志望動機に御社の将来性、企業情報の歴史をみて・・とか創業者の人が・・等は書く必要性がないのです。
自己アピールを前面に書く事をお勧めします。