秘書は学歴重視?未経験でも転職できるの?

秘書の女性

秘書と聞いて、どのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。
社長のそばにいて、事務仕事から接客まで幅広くこなしている、立ち居振る舞いの美しさが際立つ女性、さまざまなイメージを持たれると思います。

企業の花形と考えたり、憧れたりする方も多い秘書の仕事は多岐にわたります。
社長のスケジュールを調整するだけでなく、仕事上の人間関係も把握しておかなくてはなりません。
お客様への対応ひとつを見ても、取り次ぎ方から席への案内、お茶出しから見送りまで関わります。
忙しい社長に代わって贈答品のお礼状を書いたり、お祝いを贈ったりする機会もあるでしょう。

女性として、それ以上に企業のイメージを損なわないような立ち居振る舞いが必要です。
事務仕事に加えて、正しいマナーを身に付けていることが求められます。目立つのは秘書ではありません。
社長が仕事を進めやすくすること、そして企業全体のイメージアップや利益につながるように、陰ながら支えている重要な存在といえるのではないでしょうか。

秘書は学歴以上に経験が重要とされることが多いです。
正しい言葉遣いや社会人としてのマナーが分かっていないと、不自然な部分が出てきてしまいます。慣れていることが一番です。
また、基本的な事務仕事ができれば、資料の作成を始め、さまざまなシーンで活用できます。
転職を検討している方は、求人の詳細を見てみましょう。若くなくてはいけないというものではありません。

経験があれば、ベテランを募集している企業への応募がベストなのは、言うまでもないことです。
もしも未経験でも秘書になりたいと思っている方は、未経験でも可能な求人を探してみてください。
秘書検定の勉強をして資格を取得したり、事務スキルや接客の経験があることを自己PRとするのも良いです。
個人で活動するだけでなくチームで社長をサポートしているなど、どのような働き方になるのかをチェックしておくことも大切です。

仕事のスキルが日常生活でも役に立つ秘書の仕事を、転職の選択肢に入れてみるのはいかがでしょうか。

秘書の転職はエージェントに相談した方が良い?

転職に失敗しないためにも、不安や疑問はエージェントに相談すると良いです。エージェントは業界の動向など、多くの情報を持っています。
どうしても秘書として働きたい熱意を伝え、適切なアドバイスをもらうと心強く思えるのではないでしょうか。

経験があるので、さらにスキルアップしたい方。
これまではチームで社長のサポートをしていたけれど、先輩秘書のアシスタントではなく個人で働きたいという要望など、伝えてみましょう。

未経験で秘書を目指している方は、前職で活かせるスキルは何があるのか探してみてください。
どうしても自分一人では見つけられない、そんなときにエージェントに職歴を話してみる方法もあります。
一見、秘書とは関係ないようでも、実はスキルが活かせることに気付けるかもしれません。
外資系の企業だけでなく、最近は外国からのお客様も多いため、英語に関する資格を持っている方はアピールできるか聞いてみると良いです。

働くうえで重要な人間関係も、働き方を聞いてみることで解決の糸口が見えてくる可能性があります。
最初から個人で秘書の仕事が務まるのか、チームで社長のサポートをしているところで、先輩のアシスタントとして働きながら経験を積むことが望ましいのか、適した職場を一緒に探してみましょう。
英語が苦手でも仕事に支障がないか、気になることが解消されると、自信を持って応募できるものです。

最初から素晴らしい対応ができなくても、経験を重ねていくうちに、洗練された言動になるものです。
また、秘書は女性のイメージという方が多いようですが、男性の秘書もいます。
イメージだけで決めてしまわず、経験を踏まえて自分らしく働ける職場を探すことが一番でしょう。